海老名店046-232-0036
東五軒町店03-6265-3550

ホーム > 新着情報 > 「原木」一覧

2018.12.18
ブログ
モンキーポッド 原木の仕入れ
モンキーポッドの仕入れに行ってきました。 毎回、雨のことが多く原木丸太の運搬や検品作業がぬかるんで思うに任せないこともあります。 今回は、晴天の中、日焼けして汗をかきながらの検品作業になりました。 水分補給は必須です。 形のよい原木をたくさん仕入れることができました。 今週にはコンテナ積みして年明けて1月末に日本に到着する予定です。
> 続きを見る
2018.07.14
お知らせ
工務店、一枚板製作会社様向け原木丸太販売しております。
祭り屋木材では、良質なモンキーポッド材、アフリカ材などを海外より買い付けて輸入しております。 店舗のカウンター、テーブル、一般家庭用ダイニングテーブルに原木、丸太を格安に販売しております。 特にモンキーポッド材は人気があり、好評いただいております。 価格につきましては、下記までお問い合わせ下さい。 https://secure2.future-shop.jp/~kagu/contact/
> 続きを見る
2018.06.16
ブログ
一枚板 原木市場
こんにちは 今回は、一枚板の仕入れと祭り屋が取り扱うアフリカ材の販売のために原木市場に行ってきました。 晴天の中、来場者はまずまずでした。 必要な一枚板、原木を仕入れて祭り屋が海外から買い付けした一枚板原木を出品します。 出品したアフリカ材はあまり知名度がないためか、今回は不調でしたが、仕上げれば杢目や色合いのきれいな一枚板テーブルになります。 マコーレ(アフリカンチェリー)、モアビを今回は出品しました。 祭り屋でアフリカ材がテーブル天板に仕上がってきたら随時ホームページに登録していきますね。 アフリカ材はきれいで値段も格安ですからお買い得です。 業者の方には格安で販売しますので、よろしければぜひ、お問い合わせ下さい。  
> 続きを見る
2018.04.23
ブログ
祭り屋のお勧めのスツール!!!
こんにちは。 家具の祭り屋の金です。 本日は祭り屋のお勧めのスツールをご紹介致します。 スツールという名前を聞いたことがある方もいるとは思いますが、 具体的にどんな家具なのか聞かれても、詳しく答えられない方が多い スツールとはどのような用途で使われているのか、どんな種類があるのか紹介します。 スツールとは背もたれがない椅子のことです。 コンパクトなタイプなら、キッチンなどちょっと腰掛けたいときに、 子ども用の椅子としての使い方や、来客が来たときの簡単な椅子として、物を置いて使う方法もあります。 コンパクトなサイズなら持ち運びもしやすく、家庭で1つは持っておきたい家具です。 一般的な椅子の高さのスツールは来客が増えた時にお使い出来ます。 色んな種類のスツール、カフェなとたくさんの方がお使い出来ます。 玄関に置いて靴を履く時お使い頂けると凄く便利です。 椅子では無くて植木鉢を置くとおしゃれなインテリア的な効果もあります。   祭り屋はたくさんの一枚板を扱ってますので モンキーポット、ケヤキ、ブラックウォ-ナット、クス、カエデ、チェリー なと色んな材質でお作り可能です。 今回たくさんのスツールが入荷しました。 一点ずつしか無い商品ですので今ならお選びいただけます。 お早めにどうぞ!!!!!! スツールが欲しい方はこちらのページへ        
> 続きを見る
2018.04.05
ブログ
祭り屋 システムオーダー家具 -(2)洗面所
皆様こんにちは。 祭り屋の海老名店のキムです。 今回は祭り屋システムオーダー家具-(1)キッチンの続き、 祭り屋のシステムオーダー家具、第2洗面所のご紹介致します。。 横浜のK様の洗面所です。 3ヶ所、バラバラの広さで特に狭かった所もありました。 洗面台の所はケヤキ材の一枚板を、収納スペースはクルミ材を使用しました。 オーダー家具は、ご自宅のスペースにあったサイズや使い勝手に合わせてオリジナルプランの作成。 お客様のご希望を形にします。だいたいの寸法をお知らせいただければ、無料でお見積り致します。   家具の面材は空間の雰囲気に合わせた選べます。   ご注文からお届けまでの流れ step1お気軽にお問い合わせください。 無料でお見積り致します。 step2仮契約 商品についての詳細(金額、納期等)お知らせいたします。 step3正式にご注文確認確定 現場での打ち合わせ等、 お支払い(前受金) step4図面を作成し、 家具の制作開始 step5塗装~完成 step6お客様へお届け 詳しくはこちらのページへ
> 続きを見る
2018.03.03
ブログ
アフリカ渡航記3
こんにちは アフリカ渡航の続きです。 アフリカでは様々な種類の材木があり、私達が宿泊したホテルでは部屋の名前に木材の名前がついていて、その材木のキーホルダーがついていました。 ご当地ならではのアイデアで興味深く感じました。 今回は、ビリンガ、タリを仕入はしませんでしたが、どれも個性的で色彩もとりどりで、表情豊です。 海ではカヌーなども楽しめて、ヨーロッパからバカンスに訪れてのんびり過ごす方が沢山いました。 私たちは仕事なので見向きもしないでひたすら森の中や、貯木場を車で移動して過ごしました。 これから船便で日本に来るのが楽しみです。 追記:アフリカは手荷物の検査が厳しいと前回書きましたが、帰りもお土産に買った胡椒を検査員が匂いを嗅ぎ、没収されそうになりました。空港内のお土産屋で買ったと必死に説得。匂いが怪しいとなかなか認めてもらえませんせしたが、なんとか認めてもらいました(^_^;)
> 続きを見る
2018.02.21
ブログ
アフリカ渡航記 2
こんにちは アフリカに一枚板テーブル用に原木丸太を仕入れに行ってきました。 2日目は原木の貯木場に行き、沢山の丸太から杢目が良さそうな丸太を吟味して選んで来ました。 今回はブビンガ、アパ、マコレを選んで来ました。 日本ではまだまだ馴染みが薄いですが、世界には素晴らしい木材が沢山あります。 これから、紹介していきたいと思います。
> 続きを見る
2018.02.19
ブログ
アフリカ渡航記 1
こんにちは 今回、アフリカに一枚板テーブル用の原木丸太を仕入れに行ってきました。今回はその時のことをご報告します。 成田から飛行機で移動時間約24時間。到着したときには足がむくんでぱんぱんになってしまいました。これだけのフライトだと足のむくみ防止タイツなどが必須だと思い知りました。機内での暇つぶしも用意があればよかったです。 アフリカは手荷物の検査が厳しいようで、細かく検査員も何人かでチェックしています。けっこう言いがかり的なことを言われて手荷物から没収されることが度々あるそうです。今回は、アフリカに到着してやっと空港の出口に来たときに、荷物の中身を見せろと言われ、食べ物が入っていたために別室に来いと言われてしまいました。あれこれ言っているうちに開放してくれました。検査員の中でも意見が別れるようで、OKと言ってもらえました。いきなり冷や汗^^; 翌日、森林の原木切り出しの現地に行き、よいものがあればと見に行くことにしました。森林が近くなると舗装道路からオフロードにかわり、ガタガタと揺られながら2時間半進みました。森林の中の原木はやはり力強さを感じます。 アフリカには、本当に様々な種類の木材があり、美しい杢目や色合いの木がまだまだ豊富にあります。 アフリカ各国の政策で資源保護もされるようになり規制もありますが、保護をしながら有用な資源を使うことは国の発展や就労先の確保のためにも必要なことだと思います。大切な資源ですので祭り屋でも大切に一枚板のテーブルに加工したいと思います。
> 続きを見る